プログラミングの必修化にみる世の中の動き

今急速に広まっているAI=人工知能の技術。開発が進み、いまや何気ない日常にAIが取り入れられるようになりました。
それを踏まえて、文部科学省は東京オリンピックが開催される2020年度から小学生のプログラミング教育が必修になると発表。
さまざまな教育方法が試されている中、日本の将来を大きく変えるかもしれない改革が今なされようとしています。

必修化の動きは意外と好印象?

どうしても難しいといったイメージのプログラミング。
果たして小学生にできるのか、プログラミングより学ぶことがあるだろう、そんな意見も飛び交っています。

そんな中、意外な事実も。
小学生、主に高学年の子供を持つお母さんに聞いた習わせたいお稽古ランキングに、
なんとパソコン関係(プログラミング)がランクインしているのだとか。
必修化のこともありますが、どうやら将来役に立ちそう、仕事に結びつきそう、といった社会の流れに沿った結果のようです。

日本にとっては大きな改革のように思われますが、
実は海外ではもう当たり前のようにプログラミングの授業が行われています。
技術の最先端をいくアメリカはもちろんのこと、
全国で義務教育でのプログラミング教育を導入したイギリス、
Skypeが生まれた国エストニアなど、次々に必修化の動きが進んでいます。

日本もこのままいけばもうすぐ仲間入り。
問題は山積みですが、子供が強制的にPCを触らなくてはいけない時代がやってきそうです。