人に教えるという勉強法が最強なわけ

日々生活していく中で、必ず人に教える場面がやってきます。
部活動で後輩に指導したり、仕事で新入社員の指導をしたりと、生きていく上で何回もそのチャンスはあります。
人に指導するのが得意でないという人もいるでしょう。
ですが、人に教えるということは、自分が成長するための最大のチャンスともいえます。

一見、だれかに指導することは、そのための時間を奪われているといった感覚に陥りやすいものですが、
実は教えるという行為は指導する側も育てる最強の勉強法なのです。

人に教えるということは、自分がその内容について詳しくないとうまく教えられないものです。
その人に教えるという行為自体に責任が生じ、自然と気持ちが緊張状態になるものです。
また、教えるからにはわかりやすくなくては、といった心理が無意識に芽生えます。
それにより、自然と要点を整理し、効率よく教えるにはどうしたらいいのか考える力が身につくのです。
なにか質問をされたときにこたえなくてはという緊張感から、より深堀りして勉強を行うことになるでしょう。

また、人に教えることで、自分がわかっているつもりでもわかっていなかったことが発見できます。
加えてその知識は忘れることなく、自分に染み付くでしょう。

いうなれば、自信を持って人に教えられるようになれば、その内容については完全に理解しているということになります。

人間だれしも取り組む前の心構えで勉強の効率も変わってくるものです。
知り合いを相手にしたり、自分ひとりで先生ごっこをやってみるなど、
勉強している内容を一度人に説明できるようにしてみましょう。