目指せプログラマー!必修化によるメリットって?

2020年から小学生の必修になりうるプログラミング。
それに対する世の中の動きは前の記事をご覧ください。
プログラミングの必修化にみる世の中の動き

必修化することによってさまざまな意見がでていますが、今回は必修化するメリットについて考えてみたいと思います。

プログラミング必修化のメリット

1. 日本の技術力の促進

日本でもIT技術が急速に発展し、いまやITの技術がなければ生活できない世の中になりました。
国際的にもその動きは激しく、日本も今後競争力を上げざるを得なくなってきます。
そのために必要なのが未来を担う子どもたち。
小さいときからプログラミングに触れることで、優秀なIT技術者が増え、
発展した日本の未来をつくっていくことができると政府は考えています。

2. 論理的に考える力を養う

プログラミングは、何をどうすると、どういう相関性によって他のものがどう変わるのか、
どういう挙動になるのかというのが目に見えてわかるものです。
こうすればこうなる、といったことを頭の中で組み立てられるため、
日常生活やなにか作業を行うにあたっても論理的に考えて物事に取り組む力がつくようになります。

3. 自己実現の幅が広がる

これからの技術の発展によって、今ある形態の仕事や職業観が変わり、
新しい職業がどんどん生まれていくとされています。その中でも、IT業界は大きな発展を遂げるでしょう。
そんなとき、プログラミングに慣れている、基礎ができている状態であれば、
どれだけでも自分の未来を広げることができ、社会へ貢献する力も養われるでしょう。

いかがでしたか。

現代の社会においてはどうしても受け入れられがたいプログラミングではありますが、
決して悪いことばかりではありません。政府としても本格的に推進していきたい重要な教育でもあります。
プログラミングの技術が進み、優秀なIT従事者が誕生することになれば、
日本からもスティーブ・ジョブズが生まれるかもしれませんね。